喫煙は本当に健康に悪いのか?
喫煙は確かに内臓や体自体には多大な影響を与え、ガンなどの発病率が高いというデータで溢れています。
そんなタバコをどうして吸うんでしょうね?
わたしも過去に喫煙していた口ですから、分かることがあります。
一服したときの爽快感が堪らないんですよね。
考え事するときも実は有効だったりするんです。
リラックスするからかもしれません。
そんな精神的にはいいタバコは精神安定剤といえるものです。
昔は病院でも胃潰瘍の患者には喫煙が許されていたんですよ。
精神的なストレスで胃潰瘍が進まないような措置だったんでしょうが、現在では考えられないことです。
今では病院自体が禁煙ですから病気になったら禁煙は免れませんね。
結構、入院を機にタバコをやめたという人は多いものです。